現代紙幣にサヨナラした30代女子のブログ

はじめて作ったパソコンで、自宅でお金を発行してる30代女子のブログです🤑

ビットコネクト、サイト閉鎖

論争の的となっている暗号化の背後にある企業ビットコネクトは、貸し出しと交換のプラットフォームを閉鎖すると発表した。

f:id:crypto-therapist:20180118030249p:plain

ビットコネクトの貸出サービスは、事実上直ちに閉鎖され、交換プラットフォームは5日以内に閉鎖されるという。

BitConnect.coのウェブサイトがウォレットサービス、ニュース、教育目的のために運営されている間、「要するに、貸出サービスと交換サービスを閉鎖している」と述べた。

この発表は、テキサス州ノースカロライナ州の規制当局から最近公表された手紙と停止手紙など、おそらく最も重要な要因を挙げている。

ビットコネクトは、トークンセールに結びついた未登録証券の売却に従事していたと述べています。

「ビットコネクトのチームは、テキサス州証券取引委員会から1件、ノースカロライナ州国務長官証券部門から1件ずつ、2件の休止および不服申請書を受け取った。 「これらの行動は、プラットフォームの法的継続の妨げになっている」

ポストはまた、「コミュニティメンバーを不安にさせ、プラットフォームへの自信を失った」という「悪い報道」を非難した。

ビットコネクトはPonziスキームを構成していると非難されており、Vitalik Buterin氏の創始者を含むこのスペースのいくつかの人物は、ここ数ヶ月間に批判している。

また、ビットコネクトチームは一連の専用サービス拒否攻撃(DDoS)を非難した。

早ければ1月13日に、ビットコネクトのTwitterアカウントは、Webサイトの問題に対するDDoS攻撃を非難している。

しかし、停止と書簡にもかかわらず、ビットコネクトは、進行中の初期コイン・オファリング(ICO)が継続し、ビットコネクトトークンの代わりの交換を構築していると述べた。

「これはこのコミュニティの終わりではないが、我々はウェブサイトプラットフォーム上のいくつかのサービスを閉鎖しており、今後は他の細胞質浄化サービスを提供し続ける」と同チームは記している。

 

参考URL:

https://www.coindesk.com/bitconnect-shutters-crypto-exchange-site-regulator-warnings/

暴落の要因、中国仮想通貨規制をめぐるウワサの真相とは

かつて取引量ベースで世界第三位となったこともある中国本土の仮想通貨取引所「ビット時代」CEOが17日午前、今回の相場の急変のきっかけとなった中国の規制強化の報道について見解を発表した。ここでは、中国の仮想通貨ニュースサイトに掲載された論説の一部を紹介する。(ちなみに現在同記事はアクセス不可となっている)。

「最近、仮想通貨界隈は政府による規制に関する噂で騒がしい。ディーラーと不良メディアがフェイクニュースと偽の規制政策を喧伝したり、フォトショップで加工した偽の画像を利用したりして、濡れ手で粟の荒稼ぎをしているのは見るに耐えない。筆者は仮想通貨界隈の多くの取引所の同志と政府の規制に関する情報を随時やり取りしている。政府の監督機関と直接或いは間接的に接触のある「監督機関に近い業界人」として、政府の規制政策に関する噂の真相を明かそう。

「(今回の波乱相場のきっかけとなったのは)取引所外でビットコインの取引を行なった銀行口座が凍結されたことだ。凍結された原因はブラックマネーを掴まされ、その金に関わる犯罪が立件されたからだ。この種の銀行口座の凍結は、決してビットコインの取引及びこの業界に特有のものではない。たとえミネラルウォーターを売っていたって、資金洗浄された金をうけとった場合銀行口座は凍結される。 でもこのニュースは仮想通貨界隈に恐慌の種を蒔いた。同時に濡れ手で粟の金儲けを狙う欲望の種も。

f:id:crypto-therapist:20180118024922j:plain

「銀行口座が凍結された者の中には、筆者の知り合いも少なくない。次のスクリーンショットが示すように、彼らの取引所外での取引は影響を受けていない。違う銀行口座を使って取引を続けている。」

f:id:crypto-therapist:20180118025028j:plain

ビットコインやICO、プライベートエクイティ等のキーワードが引き金となって、どこそこのWeChatグループが閉鎖された、主催者が公安に捕まって取り調べを受けたとみんなが噂している。ネガティブなニュースが注目される度に、こうした噂はまるで疫病のように仮想通貨界隈に広まっており、これまで何度も同じような状況が生じてきた。筆者はこの件の真実性を追求したことはないが、いつもこの噂が広まるタイミングが巧み過ぎると感じている。

f:id:crypto-therapist:20180118025126j:plain

「仮想通貨のマイニング工場が閉鎖されという噂もある。実際、政策文書でマイニングに対する優遇策が取り消されマイニング工場の秩序ある撤退が促されている。これは事実だ。四川省にあったたくさんのマイニング工場はすでに閉鎖され撤退中だ。だが、各方面にもたらす利益に関わるため、各地域での規制の実行度合いは一致していない。

「去年、筆者は監督機関と接触し、すでにICOと取引所、そしてマイニング工場が整理閉鎖リストに載っていることを確認した。マイニング工場の閉鎖は明らかに前者より複雑だ。ある地域では去年すでに閉鎖が始まった。だが他の地域では今年やっと始まった所だ。また別の地域ではうやむやになってしまっている。具体的には言えないが、マイニングが各方面にもたらす利益のためだ。

「中国におけるマイニングが世界で必要な計算量の大部分を占めているとしても、中国で進行しているマイニング工場の閉鎖が壊滅的な打撃をもたらすものとはならないだろう。なぜならマイニング工場の経営者の足は長く、逃げるのも早いからだ。東欧やカナダ、そしてインド等、電力が過剰で安価に供給される国家に行って続ければいいだけだ。

「以下の画像が現れた時、仮想通貨界隈は大混乱に陥り、相場は暴落、パニックを引き起こしている。みんなが筆者のところに来て、国内の某メディアの報道は本当かと問い質した。だがこれは去年既にいわれていたことがまた新しく誇大報道されたようだ。中国インターネット金融協会が以前公表した「偽装ICOによるリスクの防止に関する警告」と合わせて、仮想通貨ユーザは完全に正気を失った。そしてまた食い物にされるわけだ。

(編集部注:昨年の11月30日付「为互联网金融风险专项整治工作简报(第53期)」には、今回広く報道された人民銀行の潘功勝(パン・ゴンシャン)副総裁の言葉としてウォレットや海外で運営される中国の仮想通貨取引プラットフォーム業者を取り締まる方針が言及されている。1月16日にロイターが発表した規制強化関連のニュースはこれに言及していると思われる。発言が行われた会議は昨年11月20日に開催された。)

f:id:crypto-therapist:20180118025303j:plain

「今のところ仮想通貨市場は恐怖心が広がっており、マーケットが自信を取り戻すには時間が必要だ。市場で噂されている規制政策について、プロの視点から簡単な分析と解説を試みる。

1,C2C取引が閉鎖される?

P2Pプラットフォーム等を使って消費者間で直接おこなわれる)C2C取引は明らかに(今回問題となった規制)文書の精神に反しており、情報仲介と対法定通貨の取引サービスを提供するものだ。C2C取引が誕生した時から、監督機関はすでに詳細な調査を始めている。具体的にどんな結論を出しどんな活動を継続しているのかは知る由もないが、同業者の間で噂されているのは「閉鎖」だ。

だが個人的にはC2C取引の閉鎖による影響が大きいとは思えない。取引所外での取引がより活発になるだけだ。

確かにネガティブなニュースで、皆が怖がるだろう。筆者としてはやはり、それらの法に抵触する仮想通貨プラットホームは避けるようアドバイスする。あるいは大量の資金が引き上げられて、それらのC2Cプラットホームが閉鎖され、取引所での価格が下落するかもしれない。AEXのような純粋な仮想通貨取引は、対法定通貨ではなく仮想通貨間の取引プラットフォームで、疑問の余地なくオススメだ。

2,海外での登記と主体が国内にあるプラットホームが禁止される?

これは純粋にナンセンスだ。ただチームが国外に引っ越しすればいいだけだからだ。世界中の取引所を閉鎖することはできない。

3,海外の取引所サイトがブロックされる?

これは確かにある。でもこれはサイトのドメインを変更すれば解決する。ドメインを変えたら運営できない理由はない。 長年存在するポルノサイトが完全に閉鎖されたのを見たことがない。

4,場外取引が閉鎖される?

これはもともと不可能なことだ。それに個人対個人の取引だって合法だ。」

また、この論説は、以下のように締めくくられている。

「将来、この業界が成熟するに従って、政策に対する免疫力はだんだん強くなるだろう。あと半年もすれば、規制政策に関する噂が引き起こす相場の波の半分は無くなると信じている。仮想通貨ユーザの耐性も強くなって来た。さらに重要なのは、中央集権ではない分散型エコシステムは政府のどんな政策をも無視できるということだ。もうひとつ大切なことは、規制はすべて後から来た人のためのものということだ。政策に振り回されることを止めれば何事もうまく行く。」

古いニュースの焼き直しか、当局が行動にでる兆候か

また、コインテレグラフが独自に取材した中国仮想通貨業界関係者からは、今回暴落のきっかけとなった中国政府による規制強化の報道をうけ、「古いニュースの焼き直しでは」とする声が聞かれた。

ただし「中国規制当局による本気度を示す」という声もあり、依然として警戒が必要だ。

 

参考URL:

https://jp.cointelegraph.com/news/formerchinesecryptoexchangeoperatordiscussesthecurrentregulatorywoes

イーサリアムハードフォークによってEtherZeroがもらえる、日本時間1月20日予定

以前キュレーションで載せた日本時間で今月の20日に予定しているイーサリアムハードフォークの内容について追記します。

crypto-therapist.hatenablog.com

イーサリアムハードフォークによってEtherZeroがもらえる

f:id:crypto-therapist:20180117045931j:plain

1,ハードフォーク予定時間

日本時間1月20日 4:00〜6:00頃

※GMT1/19の19:00-21:00付近、4936270 blockの到達時点

2,配布内容

1ETHに対して1ETZ配布予定

3,対応取引所とウォレット

国内取引所:Coincheck、bitFlyer
海外取引所:BINANCE、Bittrex、Liqui

ウォレット:Blockchain、MyEtherWallet、jaxx、TREZOR、Ledger、Metamask

 

上記内容はすべて予定です。

直前まで本当にハードフォークが実行されるかわからないため、興味がある方は情報を追ってみてください。

公式Twitter

twitter.com

米メトロポリタンバンクが仮想通貨関連の全ての送金を停止

米メトロポリタンバンクホールディングコープ(本店ニューヨーク)が仮想通貨関連のすべての送金を停止した。米フォーチューン誌が同行顧客の話として伝えた。

f:id:crypto-therapist:20180116024021j:plain

仮想通貨に友好的とされてきたメトロポリタンバンクによる決定は仮想通貨業界に大きな打撃となる。例えば米仮想通貨取引所及びウォレット運営会社として最大手のコインベースも同行に送金やデポジット口座を有するだけでなく、連携してデビットカードも発行している。

メトロポリタンバンクによる公式見解は発表されていないが、仮想通貨関連の国際送金をめぐるコンプライアンス(法令順守)が確認できなかったからだという。確認できなかったのはKYC(本人確認)やAML(アンチロンダリング)関連の項目だった可能性がある。

12日には、米財務省のスティーヴン・ムニューシン長官がビットコインのウォレットが租税回避に利用される可能性について懸念を示し、米政府がこれを追跡できる能力についてのべていた。

 

参考URL:

https://jp.cointelegraph.com/news/metropolitan-bank-halts-all-cryptocurrency-related-wire-transfers

ViaBTCがマイニング契約市場を閉鎖

中国マイニングプール大手のViaBTCが、仮想通貨のマイニング契約市場を2018年1月10日に閉鎖した。同社は閉鎖の理由として、「投機をコントロールし、投資家の利益を守るため」と説明している。

中国政府の関係当局が取引所やICO禁止に次いで、近くマイニング市場禁止に関する新しい命令を出すのではないかという観測に対応した動きである。

f:id:crypto-therapist:20180116023618j:plain

ICO禁止、取引所閉鎖に次ぐマイニング規制へ

中国は17年9月までに、ICO禁止や仮想通貨取引所の閉鎖など、厳しく取り締まる政策をとった。最後に残ったのはマイニングだが、膨大な電力を消費する大小規模のマイニングをどのように、どこまで取り締まれるのか難しい状況である。その中でも、マイニング契約市場は、仮想通貨取引所と同様に投資家が集まる場として、規制しやすかった。

マイニングプールとは、複数のマイナー(採掘者)が協力してマイニングする仕組みだ。そこでは大勢の人々が採掘に協力して、採掘の結果獲得された報酬は、参加したマイナーの貢献度に応じて分配される仕組みである。

ViaBTCはじめ仮想通貨関連企業は、閉鎖や禁止につながる関係当局の動きを先取りして、17年下期から対応を急いでいる。例えばビットコイン取引プラットフォームBTCChinaは10月30日までに、報酬の引き出し取引手数料にプレミアムを付けて、早期に引き出すようユーザーに急ぎ清算をするよう促してきた。今回の措置は、そのような流れの一環である。

マイナー多い新疆自治区では「秩序ある撤退」促す

ビットコインのマイニングに関する中国政府の立場は、今になっても明白ではなく、市場に混乱が生じている。年初から数々の報道が飛び交った。

中央銀行に相当する中国人民銀行(PBOC)が「マイニング業務を抑制するための会議を開いた」(Bloomberg、1月3日)と報じたのがきっかけである。その後、新疆自治区が「秩序ある撤退」を命じたのを機に、有力なマイニングプールが一挙に海外に逃避する動きが高まった。

中国人民銀行は国内のマイナーに対して、月間の状況報告書を提出するよう求める一方、ビットコイン採掘業界の電力消費に上限を設定するという。

bitcoin.comによると、マイニングプールが多い新疆自治区の関係当局は「ビットコイン・マイニングは電力を食い、極めて投機的である」と断定するオンライン通知を発した。その中で、「金融リスクを抑制し、実経済を奨励するため、マイナーはそのビジネスから秩序ある撤退に向かうよう指導されなければならない」と述べている。

多くのマイニング企業が外国に移転先求める

多くのマイニング事業者は、電気料が安い四川、雲南両省の遠隔地や山岳地帯にマイニング施設を設置している。PBoCは地方政府と話し合い、電気料、土地使用、税金、環境保護について何らかの規制行動をとる方針であり、それによって秩序ある撤退を求めるという。

中国ではこのように、取引業者に次いでマイニング事業者も海外移転への動きを見せている。中国最大手のマイニング企業Bitmainは、モンゴルに採掘施設を開き、1日当たり約2700万円の収入を得てきた(Bloomberg)。中国は世界の約70%のビットコインを採掘している。Bitmainはじめ ViaBTCなどマイニング企業が、ロシア、米国、カナダ、東南アジアなど世界各地に移転先を求めている。

 

参考URL:

https://coinchoice.net/viabtc_closes_miningcontract_market/

仮想通貨市場がカジノ化している

仮想通貨市場はカジノに変わり、誰もがおそらくカリスマ的なJohn McAfeeを含む勝者です。 劇的なビットコイン価格ラリーを19,891ドルに引き続いて、その後10,400ドル(GDAX)にダンプした後、ビットコインは現在、統合フェーズとして知られているところにあり、その範囲から崩壊するまで残っています。 統合の特徴は、価格の動きが不確実であり、かなり退屈であることです。

f:id:crypto-therapist:20180116022107j:plain

John McAfeeのような取引

その間に、記録的な量の新しいユーザーがサインインして暗号の最新の価格アクションを取得し、その多くのユーザーはビットコインを待つことにほとんど関心がない。 同時に、控えめなレベルでは、最も保守的な投機家でさえ、いくつかのトレーダーが、ちょうどそれの地獄のためにいくつかの小さな帽子のコインを拾う考えに暖かいです。 評価は現実から完全に切り離されていますが、今は誰も気にしません。 心が太陽が輝いている間に乾草を作ることです - それは働いているようです。

私は、あなたが即座にすべてのコインを買ったとしたらどうしたのかを見てみることにしました。ジョンマカフィー(0の研究でランダムに命名されたコインについては悪名高い)は、2017年の初めからツイートしています コイン)。 彼が言及した22個のコインのうち13個は現在トレード可能ではありませんが、そのコインのパフォーマンスは非常に目立つものです。

f:id:crypto-therapist:20180116020752p:plain

マカフィーが言及しているすべてのことをまとめて市場に合意しているため、マカフィーの価格は自発的に予言しているかもしれませんが、成功への最大の要因は非常に強気な市場であるかどうかを検討することはおそらく面白いでしょう。

f:id:crypto-therapist:20180116020931p:plain

数ヶ月前に、小口のコインを拾い上げる方法を私に尋ねられたら、私はプロジェクトを精査する方法を説明します(実際に白書を読んで、Githubの活動を見ています)。 それは今のところ重要ではないと言います。

 研究がなく、あなたが感じるものを購入する

私のアドバイスは、あなたの内面のMcAfeeを流すことです。 研究をしないで、あなたの気持ちが何であれ買う。 これは暗号のカンナムスタイル時代であり、市場を動かす人々は、単価の低さや涼しいロゴなどの理由で物を買います。 あなたがそれらと一緒に波に乗りたい場合、あなたは彼らのように考える必要があります。

誰もがこれがどれくらいの間持続するかを教えてくれるはずです。 まだ多くの新規ユーザーが暗号暗号市場への道を見出しており、それは何年も続く可能性があります。 同時に、それはすべて明日を終えることができます。 それは見積もることができず、制御できないものです。 代わりに、あなたが制御できるものに焦点を当てます。

1,あなたが失うことを望んでいないものを投資しないでください
2,出口戦略を持っている

個人的には、たとえ私が長期的な見通しを根本的に信じていたとしても、今後数ヶ月の間に投資した小さなキャップのコインのビットコイン変換を検討していきます。

購入と保留がすべての暗号履歴の優れた戦略であることが証明されて以来、これは多くの人々にとって逆らえやすいものです。変更されたのは、人々が以前よりもはるかに高い評価でクリプトカルトを購入していることです。コインが目標のユースケースを実際に成功させるにもかかわらず、評価が合理的なものを超え始めていることがあります。

それらの多くは、ある時点で驚異的にクラッシュする可能性があります。

悲しいことに、それは通常、孤立した出来事ではありません。ある日、暗号化通信を取引してきたほとんどの人は、暗号はしばしば個別に集まりますが、一緒にダンプすることに気付いています。

統計モデルも同じことを示しています。あなたがコイン・マーケットキャップで赤くなるまで目を覚ます日々があります。良いコインでさえ、市場が変わったときにどれだけ早く失うことができるかには驚くでしょう。

あなたが知っている資産を変換するための戦略は、マーケットの推測(それは99%)による評価を得て、それをより揮発性の低いものに変換してください。それが私がMcAfeeがやると仮定していることです。あなたもそうしてください。

 

参考URL:

https://news.bitcoin.com/trading-tip-the-wall-trade-like-youre-john-mcafee/?utm_source=Bitcoin.com+Subscribers&utm_campaign=03ce2a9c11-Daily+Newsletter&utm_medium=email&utm_term=0_ea978414cb-03ce2a9c11-217975389&goal=0_ea978414cb-03ce2a9c11-217975389&mc_cid=03ce2a9c11&mc_eid=9f7f98bf03

総Bitcoin供給の80パーセントが掘り起こされている

今週の週末は、通貨の80%が流通しているので、ビットコインマイルストーンとなります。これは、残り20%しか残っていないことを意味します。 サトシ ナカモトの議定書は、デジタルの不足を初めて紹介したものの1つで、すぐに取得することがさらに困難になるだろう。

わずか4.2百万のBitcoinsが鉱山に残っている

これまでのところ、2018年1月13日に16,800,000のBTCが採掘され、マイナーが買収するために残ったのはわずか20%です。

サトシ ナカモトが2009年にコードベースを公開してビットコインプロトコルを一般公開した時、暗号侵害には限界がありました。 供給は決して増えず、ナカモトはその数を2100万ビットコインに設定しました。

これまで、ネットワークを確保している作成者の計画とマイナーは、このルールがハッシュパワーで変更されるのを確実にしていました。 しかし理論的には、懐疑派は、51パーセントやシビル攻撃のような手先の戦術を通じて供給を増やす方法があると信じている。 デジタル資産の寿命が10年に近づくにつれ、誰も2100万の供給上限のルールを破ることはできませんでした。

f:id:crypto-therapist:20180116015322j:plain

これは個人が、コンピュータ科学者を何十年も悩ませていたセキュリティ脆弱性であるビザンティン将軍問題である最も難しい計算式の一つを解決したと信じる理由を与えている。

本質的には、問題が特定の障害やセキュリティ上の欠陥を引き起こし、攻撃を容易にするため、分散型ネットワークに問題が存在します。 これにより、ネットワーク内には解消不能性の証明があるため、プロトコルが何かを証明するのが難しくなります。

f:id:crypto-therapist:20180116015440j:plain

サトシのProof-of-Workを元のビットコックプロトコルで使用すると、経済的措置によってネットワークへの脅威を高価にし、時間を浪費することで攻撃することが困難になります。

サトシはデジタルコンピューティングの世界ではじめて、コピーや二重の使用が不可能な資産を導入しました。 それと同時に、彼はその前に他の技術のようなデジタル不足をもたらした供給を制限しました。

デジタル希少性と次の半分

暗号化の利用可能性が限られているため、わずか2100万のビットコインしか存在しないため、アセットを取得するのが難しくなります。 資産が限られており、資源が来ることがより困難になるほとんどの場合、供給は市場に対する需要を引き起こす。

ビットコインの供給は、そこにいる人の数といくつかを取得したい人の間に大きなギャップを示します。 ビットコイナーの大多数は、デジタルの不足がビットコインを時間の経過と共により価値のあるものにすると考えており、これまでに168Mnの採掘でより難しくなっています。

f:id:crypto-therapist:20180116015701j:plain

アクセシビリティの難しさに加えて、マイナー自身も処理能力を絶えず向上させる必要があります。 ハッシュレートの速度に応じて2年以内に、次のマイナー報酬の半分に近づいています。 これは、鉱山者が鉱山のブロックごとに12.5 BTCを得るのではなく、2年間に6.25 BTCを得ることを意味します。

この4年ごとの半分のネットワークコンセンサス合意により、世界各地の大型倉庫でもデータプロセッサがいっぱいであってもビットコインを入手することが困難になります。 それらのすべてとASIC技術自体は、鉱山事業が利益を上げ続けるために進歩しなければならないでしょう。 もちろん、ビットコインあたりの価格も通貨を鉱山するコストよりも高くすべきです。

f:id:crypto-therapist:20180116015841j:plain

広大なブロックチェーン環境を観察しながら考慮すべきもう一つのことは、存在している1,300の他の暗号化された通貨とは違って、サトシの創造はわずか2100万であるということです。

他のデジタル通貨は、すでに数十億ドルが流通しており、ステークの証拠のように他のあまりテストされていないコンセンサスメカニズムを使用して来ています。 だから本質的にビットコインの発明者は、私たちが今日交換しているデジタル商品とは違った独創的なものを作り出しました。

あなたのMP3やデジタルムービーとは異なり、ビットコインをコピーすることはできません。今週末には1,680万人が採掘され、船積みされ、多数の人が失われています。 多くの暗号投資家にとって、これは世界がこれまで見てきたものとは異なり、サトシの発明を非常に貴重なデジタル資産にしています。

 

参考URL:

https://news.bitcoin.com/80-percent-of-the-total-bitcoin-supply-have-now-been-mined/?utm_source=Bitcoin.com+Subscribers&utm_campaign=03ce2a9c11-Daily+Newsletter&utm_medium=email&utm_term=0_ea978414cb-03ce2a9c11-217975389&goal=0_ea978414cb-03ce2a9c11-217975389&mc_cid=03ce2a9c11&mc_eid=9f7f98bf03