現代紙幣にサヨナラした30代女子のブログ

はじめて作ったパソコンで、自宅でお金を発行してる30代女子のブログです🤑

イーサリアムクラシックがIOTに進出

近年、インターネット・オブ・シングス(IoT)は、ホームオートメーションとスマートな都市計画のロードマップを特定する上で、業界関係者の注目を集めています。現在、多くのプロジェクトで活用されているIoT技術は、グローバルな情報化を促進しています。

f:id:crypto-therapist:20171218020118j:plain

IoTに適用される最新の技術の1つであるETCは、デジタル経済において情報と価値がどのように共有されるかを向上させます。

そのスマートな契約は、情報と価値が自動的に送信される動的なチャネルとして機能し、IoTと支払い機のネットワークのための受注生産型ビジネスモデルがレンダリングされます。スマートな契約をプログラムし、ETCがサポートする柔軟で直感的なプラットフォームに基づいて、IoTのグローバルな戦略は、範囲、セキュリティ、地方分権に向けて一歩前進しています。

この技術の開発パネルであるETC DEVチームは、IoTシナリオでのETCの適用に注意を払い、普遍性、独立性、高効率性を備えたIoTフレンドリーな仮想マシンを発表します。

ETCコミュニティはIoTアプリケーションの使用を改善するために、クロスチェーン操作の開発計画をカスタマイズしました。 IoTによるトランザクションデータの急増に対して、セキュリティを保証し、効率を高めるために、断片化とサイドチェーンテクノロジが考案されました。

このような努力はすべて技術的な解決策ではなく、2018年末までにETCノードがラズベリーパイ、すなわち控えめなIoT OSで実施される予定のタイムテーブルを策定しました。

ETC投資信託のスポンサーであるETCが、今年8月にGrayscaleによって発表されたThe Inthe the Ether in the Ethereum Classicに、「ETCはいつか国際化された安全で分散されたIOTの基盤となると信じています。論文では、著者Matthew BeckがETCの強力なケースを作ることを主張している主な理由の1つと思われる。

Beckの分析と数字によると、ETCは自動取引機に適しています。ベック氏は、2025年までに、ETCがIoTデバイスから10%のデータフローを得ることができれば、1トークン当たりの価格は10倍以上に上昇すると指摘する。

Beck氏はETCへの投資に伴い、「ETCが誇っている貯蔵属性は貴金属とビトコインに典型的なものであり、その証拠をインフレーションや長期的な投資手段の良いヘッジとしている。第二に、ETCスマート契約を運営するデジタル通貨として、この商品が不足しているため、グローバル化されたIoTに燃料を追加することができます。

ETCとIoTの組み合わせは、IoT技術の限界を引き上げるだけでなく、ETC開発をさらに強化するでしょう。したがって、IoT技術はより安全で分散化され、独立して普遍的に出てくるでしょう。結婚はまた、ETCの利点を根強くし、ETCの価値を最もよく表しています。

ETHアプリはETCより数が優れているにもかかわらず、CryptoKittiesを襲ったEthereumブロックチェーンは、ETHが欠陥のない状態から完全な状態に移行する余地を示しています。 逆に、ETCの技術チームが厳格な姿勢をとっているため、すべてのETC提案が事実上正当化され、セカンドムーバーの優位性が競争力に変わります。

ETCの見通しに関しては、分散化され改ざんのない公共インフラストラクチャが構築されていると予測できます。

 

参考URL:

http://www.newsbtc.com/2017/12/13/iot-etc-next-investment-opportunity/

ベトナム、ビットコインのマイニングマシン1500台が輸入申請、対応に困惑

ホーチミン市税関局宅配便税関支局では、10月31日までにビットコイン(Bitcoin)やライトコイン(Litecoin)のマイニング専用マシン1478台の輸入申請書を受理している。市税関局は、税関総局にこの状況を報告。税関総局はベトナム国家銀行(中央銀行)に対応について意見を求めているが、結論はまだ出ていない。

f:id:crypto-therapist:20171216021006j:plain

現行の法規では、仮想通貨マイニングマシンは輸入禁止品ではないが、そもそも法律が規定している輸出入品目のリストに含まれていない。ただし、仮想通貨の発行・供給・使用・流通は禁止されている。マイニングマシンは仮想通貨の発行・供給・使用・流通に必要な装置で、禁止行為に関連があるとみられている。

税関総局によると、2014年の情報通信省通達第15号では、仮想通貨マイニングマシンの管理は同省が管轄するとしているが、手続きや条件などについては何の規定もないため、輸入許可を誰に求めればよいのか不明だという。

政府は今年8月に仮想資産・電子マネー・仮想通貨の管理や処理に関する法的枠組みの整備計画を承認した。それによると、2018年8月までに仮想資産や仮想通貨に関する法規の現状を報告し、同年末までに法規文書の作成・修正案を提出するよう求めている。

 

参考URL:

http://www.viet-jo.com/news/social/171215082329.html

SBIが大幅に4日続伸し新高値、仮想通貨関連事業での展開に期待

SBIホールディングスが大幅に4日続伸。株価は一時、前日に比べ12.8%高と急伸し年初来高値に買われた。

f:id:crypto-therapist:20171216020421p:plain

同社の仮想通貨関連事業での展開が注目されている。

今月に入り、中国を中心とするアジア地域で仮想通貨関連事業を展開する「Huobi(フオビー)グループ」と資本・業務提携を発表した。また、同社傘下のSBIバーチャル・カレンシーズは9月末に仮想通貨交換業の登録を完了しており、個人投資家が仮想通貨の取引ができる専用サイト「VCTRADE」オープンへの準備を進めている。

さらに、仮想通貨のマイニング(採掘)事業も展開しており、ビットコインなど仮想通貨の価格高騰が続くなか、今後の展開が注目を集めている。

 

参考URL:

https://minkabu.jp/stock/8473/news/1420702

韓国、課税や未成年の取引禁止など仮想通貨規制を強化

韓国政府は、未成年者と外国人が同国で仮想通貨を取引することを禁止し、そのための銀行口座の開設を認めない方針を明らかにした。

f:id:crypto-therapist:20171216015747j:plain

また、仮想通貨の取引から得られた利益に課税し、取引業者の認証についても厳格化すると、首相直属の国務調整室が発表した。

この発表の前には、仮想通貨取引の過熱を受けて、金融規制当局による次官級の緊急会合が開催されていた。先週には、最も人気の高い仮想通貨であるビットコインの価格が、1400万ウォンから2500万ウォンの間で乱高下するなど、投機目的の取引が拡大して仮想通貨バブルが起こっているとの懸念が出ている。

国務調整室は、一般投資家が損失を被らないようにし、取引所が投機目的で利用されるのを防ぐために、積極的な対策に乗り出すと述べた。ただし、フィンティック分野のイノベーションが阻害されないよう、全面的な禁止措置は取らないという。

銀行などの金融機関は、仮想通貨の保有や購入、担保にすることが禁じられる。

また、仮想通貨を取引するにあたっては、さらに厳しい認証ガイドラインに従うことが求められる。韓国政府はすでに、新規仮想通貨公開Initial Coin OfferingICO)について、これを禁止すると発表している。

今後、仮想通貨での取引は、取引所のみで許可されることになる。

 

参考URL:

https://japan.cnet.com/article/35111946/

欧州の卸電力市場、ブロックチェーンでマイクログリッドと接続

米LO3 Energy社と欧州の電力市場であるEPEX SPOTは12月12日、ブロックチェーン技術を活用し、地域のマイクログリッドを卸電力市場に接続すると発表した。この接続プロジェクトに関し、両者が協力するとの覚書にフランスのパリで署名した。

f:id:crypto-therapist:20171216015239p:plain

LO3 Energy社は、ブロックチェーン技術を活用したピア・ツー・ピア(P2P)型エネルギー取引に関する技術開発や事業を行うベンチャー企業

ニューヨーク州ニューヨークのブルックリン地区で、個人が太陽光発電システムで発電した電力を他の消費者に融通するといった取り組み「ブルックリン・マイクログリッド」実証プロジェクトにおいて技術を提供した実績がある

今回の提携により、欧州で実証プロジェクトを開始することを計画している。具体的には、LO3 Energy社が開発したP2P型エネルギー取引プラットフォームである「Exergy」などの技術を欧州のコミュニティ・マイクログリッドで導入し、両社協力の下でこれらのP2P市場をEPEX SPOTの卸売市場に接続するとしている。

マイクログリッドを卸電力市場に接続することで、システム運用の柔軟性や電力価格の透明性が増加するといった利点がある。マイクログリッドの参加者は、所有する分散エネルギー資源の価値をより高めることが可能になるという。

例えば、太陽光発電システムを所有する需要家が電力網を介して余剰な電力を売ったり、クリーンなエネルギーを求める消費者が市場価格で電力を購入したり、定置型蓄電池でエネルギー消費を最適化したりといったことが可能になると想定している。

今回のLO3 Energy社との提携について、EPEX SPOTのJean-François Conil-Lacoste会長は、「エネルギー分野は、かつてない状況にある。このような市場でサービスを提供し、エネルギー転換を進めるためには、革新的なデジタル技術によるソリューションが必要だ」と説明している。

LO3 Energy社のLawrence Orsini 最高経営責任者(CEO)は、「今回の提携は、電力市場において最も影響力のある技術用途の一つとなるだろう」と述べている。

エネルギー分野では現在、再生可能エネルギーによる分散電源とブロックチェーン技術を組み合わせて価値を創出する取り組みが世界中で活発化している。

今回のEPEX SPOTとLO3 Energy社の提携は、従来型の電力取引の仕組みにブロックチェーンを活用したP2P型電力取引という伝統破壊的な技術を融合させる試みとして注目される。

参考URL:

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/121410183/?rt=nocnt

中国のブロックチェーン「NEO」CEOが、日本が進める仮想通貨「WWB」プロジェクトに参画

イーサリアムブロックチェーンで発行される計画の仮想通貨「WowBit(WWB)」の活用・普及をめざすプラットフォーム「Wowoo(ワォー)」の評議会に、中国のパブリック・ブロックチェーン・プロジェクトNEOの創業者・CEO Da Hongfei(達鴻飛)氏が参画することが決まった。

「Wowoo」は、日本で最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴの海外子会社OKfinc LTD.(本社:マレーシア)が出資するWowoo Pte.(本社:シンガポール)が開発・提供する。

f:id:crypto-therapist:20171216013057j:plain

NEOは、「中国版イーサリアム」とも呼ばれ、スマート・コントラクトとブロックチェーン・プラットフォームの運営を通じたデジタル資産の管理と「スマートな経済」の実現を目指しており、Da氏が評議会に参加することで、「『Wowoo』が提供するICOソリューションとしての信頼性はさらに高まる」としている。

「Wowoo」は、ICOをイーサリアムで展開する予定だが、NEO上でのトランザクションが可能となるよう、両社共同のリサーチチームを発足する。

NEOは世界中のプロジェクトや企業、コミュニティーに携わっており、また、世界の仮想通貨時価総額ランキングにおいても常に10位前後に位置づけられていることから、「Wowoo」が発行予定のWWBがNEO上で活用されていくことにより、よりスピーディーで安全なトランザクションが実現するとともに、世界トップランカーの仮想通貨であるNEOホルダーからも注目を集めることが期待される。

来年以降、Wowoo Pte.はNEOと連携して世界各国でのミートアップを行う予定。トークンセールを2018年1月以降に実施する計画。トークンセール後に主要な取引所で取引可能になるよう推進していく。

NEOをベースにすることで、中国国内の広範な市場のみならず、アジアを中心とする世界市場も視野に入れ、WWBの展開スピードを加速させる計画。オウケイウェブは、この「Wowoo」とNEOの取り組みのプロモーションと顧客サポートツールとしてFAQシステム「OKBIZ.」を提供し、支援していく。

WWBは、QAサイトへの回答に対する謝礼をはじめ、「感動や親切」を受けたことに対する「感謝の気持ち」を伝える手段になるという。Q&Aサイト「OKWAVE」、寿命管理財団が提供する「PHOENIXプロジェクト」、フットゴルフ財団、日本食文化輸出財団などが活用を検討している。

 

参考URL:

http://news.searchina.net/id/1649838?page=1

人気動画サイトが閲覧者の端末を「採掘」に利用、10億人近くに影響のおそれ

人気の高い複数の動画ストリーミングサイトやリッピングサービスが、サイト訪問者の端末の処理能力を利用して、ひそかに仮想通貨のマイニング(採掘)を実行しているようだ。

f:id:crypto-therapist:20171216012058j:plain

キプロスに本拠を置くAdGuard Softwareの研究者は現地時間12月13日、「Monero」をはじめとする仮想通貨を勝手にマイニングするケースが、これまで以上に増えていると警告した。トラフィック量の大きいウェブサイトの間で、このような手法で資金を稼ごうとする動きが拡大していることから、この数カ月間で10億人近いサイト訪問者が、知らないうちにマイニングに関わっていた可能性があるという。

こうした未承諾の仮想通貨マイニングは、広告ブロッカーを使えば阻止できるものの、多くのユーザーは今もこのリスクにさらされている。サイト訪問者の端末の処理能力を利用して仮想通貨をマイニングする手法の中でよく使われているものとしては、「Coinhive」がある。ベンダーの中には、このような手法を広告に代わる利益獲得手段として追求しているところもあるが、ユーザーの同意なしに行うべきことではない。

AdGuardによれば、この種のソフトウェアをひそかに利用する「crypto-jacking」(クリプトジャッキング)と呼ばれる活動が、「Openload」「Streamago」「Rapidvideo」「OnlineVideoConverter」といった動画ストリーミングサイトやリッピングサイトで本格化しているという。

すべてのケースで、これらのサイトが仮想通貨をマイニングしていることはユーザーに通知されず、マイニング用のスクリプトはユーザーの滞在時間が長いページに設置されていた。さらに、4つのサイトのうち3つでは、第三者のサイトに埋め込み可能なメディアプレーヤーを提供しており、マイニング用のコードが同じ場所に仕込まれていたという。

「これらのプレーヤーにマイニングをひそかに行う仕組みが組み込まれていることを、サイトの所有者全員が知っているかは疑わしい」と、AdGuardの研究チームは記している。

SimilarWebの統計データによれば、これらのウェブサイトを訪問するユーザーの数は1カ月あたり9億9200万人にのぼる。AdGuardの推定では、すべての訪問者に対してクリプトジャッキングを実行できたと仮定すると、この4つのサイトは1カ月あたり32万6000ドル(約3700万円)以上の利益をあげられる可能性があるという。

 

参考URL:

https://japan.cnet.com/article/35111934/